キャストとストーリー簡単紹介

 ライオン丸Gは西暦2011年の新宿・ネオ歌舞伎町が舞台です。

 キャストの簡単なご紹介です。
 
 主人公の獅子丸は、波岡一喜が演じ、売れないホストと言う設定。
 ここらへんも、主人公がホストというのも、深夜番組ならではですね。

 キャバ嬢のサオリ役の小林恵美が、番組に大人のお色気を与えています。
 殺陣での、小林恵美のパンチラ期待のお父さんも大勢いることでしょう(笑)

 はっきり言って、小林恵美のちょいエロを見るだけでも、この番組を見る価値ありです。

 そして、もう1人のヒロイン:コスK役の小田あさ美。
 役柄は女子高で、こちらも制服が眩しいです。

 獅子丸のライバル錠之介役は、大田恭臣です。

 さすが大人向けの深夜時間帯の番組だけあって、キャストの設定もゴールデンタイムでは考えられないものです。

 だって、主人公がホストですから・・・
 しかも、ヒロインがキャバ嬢(笑)

 そこらへんの設定はテレビ東京の真骨頂でもありますね。

 そんな獅子丸に、正体不明の老人が「キンサチの太刀」をと呼ばれる刀渡します。

 獅子丸が刀を抜くと、ライオン丸に変身するという、設定だ。

 ここから、悪と戦うお決まりの変身正義ものの始まりで、悪と戦う日々が待っているわけですね。

 と、キャストと筋書きはこんな感じです。

 すでに話は進んでしまっていますが、youtubeでライオン丸Gと検索すれば、全話見れると思います。

 第1話から順番に見ることをオススメします。